2006年12月31日

ご挨拶

もう少しすると お正月〜♪

2006年 
病に倒れたり、人に傷つけられたり、大事な人が傷つけられたり、
別れ。悲しみ怒り苦しみ。もありました。本厄でしたから苦笑

しかし
多くの新たな出会い、多くを見、聞き、話し、素敵な体験することもできました。
そこには多くの気づきと学びがありました。驚き、喜び、幸せ、笑顔。

ふりかえってみれば、ひとつひとつに意味があり、
悪いもんでもなかったのかもなぁ と 今は 思っています。^^

多くの人にハラハラ・ドキドキと心配をかけ、
言葉の暴力や赤裸裸で時にはナイフのような感情表現で迷惑をかけ、
そんな私にも温かいまなざしを向け、または手を差し延べてくれた
優しく、温かい周囲の友達に、本当に心から感謝しています。

この一年 おつきあいくださり 本当にありがとうございました。

そして、もし よろしければ、 オソルオソル
来年もまた一年、おつきあいくださいますよう、
よろしくお願いいたしますペコリ

2007年も
未熟な私に対して、厳しい指摘やご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
厳しい言動にも、その奥に私への愛が感じられれば、私は絶対に喜び感謝します。
放置されるのが一番寂しく哀しいので、突っ込みも大歓迎です♪
(後日にならないと冷静になれない場合もありますが。。。)

平成十八年 師走 晦日 亜紀
posted by ハッピーサルサ at 14:01| 東京 ☀| Comment(24) | TrackBack(3) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

クリスマス後のけやき坂

img124.jpgimg123.jpg
posted by ハッピーサルサ at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻布のサンタさん

img122.jpg麻布は麻布でも 元麻布は格が違う!

おうちにサンタが来るようです。

いいなぁ やはり 北西の方向に家を探すべきだったか。

うちよりさらに落ち着いてて静かです。

やはりセレブにも憧れるぅ笑
posted by ハッピーサルサ at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

☆メリークリスマス!!☆

img116.jpgimg118.jpgimg121.jpgimg121.jpgimg119.jpgこの週末 クリスマスはいかがお過ごし?

私は 早くも 恋愛モードめんどくさーい。
と思い始めながら
どうやら立ち読み情報によると
私の後厄とともに大殺界はまだ1年残っているらしい
再来年が種子というスタートラインに立つ時期で
来年はその準備期間であって慎重辛抱の年らしい。
結婚はやはり再来年以降になるのかもしれない。

細木和子信者じゃないけど、いろいろ総合すると
納得のいくタイミングではある。
私は忍耐力持久力がないから
気に入らないとすぐに行動したり、環境を変えてしまう。
再来年に転職すると今の会社で3年いることにもなるんだよね。
来年セレブ婚を夢見てたが そうは問屋がおろさないのかな 笑
ま そのときは そのときで

本日は 歯の治療をした後
GFとオイスターバーガンボでご飯食べて
Gap でショッピングして 早めに帰宅しました。
ほんのちょっとだけクリスマスを感じられました。
突然の呼び出しに付き合ってくれた友に感謝!

しかし 疲れはピークに達してる様子。
お風呂では 寝落ちそうになりながら
なんとか 今bedになんとかたどり着けました。

みなさんメリークリスマス!!!

写真は
近所のスーパー 
普段からいろんな食材が売ってるんだけど
この時期はターキーが山積みに!
中に詰めるものも売ってます。楽しそう♪
さすが外国人向きです。


そして部屋から見える夜景
東京タワーはハート型♪
posted by ハッピーサルサ at 08:59| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

涙なしで別れられません

12月22日 出会って2年半
まったく さっぱりサバサバしてる 
彼女と私 の過ごす東京最後の夜。

結局私は自分の部屋を片づけることができなかった。。。

疲れてたせいならばいいけど、、、今週何度も片づけようと家にいる時間をつくったが
毎度睡魔に襲われ、睡魔に負けてしまったのだ。。。。もう重症だと思った。
アドバイスしてくれた友 すみません。私はダメ人間です。

彼女からのメールでハッと目覚め、
会社の送別会帰りの彼女と22時頃麻布十番で会うことになった。

※別に東京からいなくなるだけで、
日本からいなくなるわけじゃないからね。
会う回数だってそんなに変わらないよ。
しょっちゅう東京に遊びに来るし。

きっと泣き虫の私を泣かせないように
彼女は何度かこの言葉を私にかけてくれた。

食事をどうするかわからなかったので予約をしなかったが
なんとか入れるお店をみつけて彼女を軽くご馳走することができた。
自分の好きな雑貨やお気に入りのロハスグッズをプレゼント。

彼女の終電は0時すぎ。もうあまり時間がなかった。
別れの時間がせまっていた。
今日は遅くなっちゃったらタクシーで帰るよ。と彼女。
朝まで一緒にいてもいいよ。
という私の言葉に彼女の顔が明るく輝き、それを見て私も喜んだ。
彼女の引越準備を邪魔しないかぎり別れをできるだけ先延ばしにしたかった。

1時を過ぎた頃、そういえば、彼女とお別れをしたい友達が
他にもいるかもしれない、と思いつきメール←遅すぎ!気がきかなくてごめんなさい。
なんだか 私にとっても突然で 部屋を片づけること以外考えられなかったの。

5時。お店の閉店時間までずっと話していた。
何気ない話。互いのコイバナ。仕事の話。家族の話。いつもの週末の夜と変わらない。
毎週末一緒にオールしてた頃のように懐かしい気持ちになった。
特別な夜じゃないようにすることで 別れの寂しさや悲しさを避けられた。

5時頃、メールを見て近くにいた別の友達が合流し、
その友達の家までタクシーで1メーター。
女3人でまたひとしきり会話をして、夜があけてから眠りについた。
昼前に起き昼食を食べてから 友達の家を出た。
また彼女と2人きり。

荷造りを完了させるため彼女の母親が上京するから いよいよ お別れしなきゃ。
T字路をつきあたると 彼女は田町駅のある右。私は自宅のある左。
駅まで送ろうかと思ったけど 気持ちにきりがなくなることはわかっていた。

岐路についてしまった。
いつもこういう大切な時に大切な人にはうまく言葉が出てこない。
なんて言葉をかけたのか 正確に思い出せない。

彼女の右手と自分の右手をがっちり組み合わせていざ別れん、という時
また彼女が※の言葉を繰り返した。
それは私の寂しさや悲しみを和らげるための言葉。
1月にも上京するんだし。

うん。そうだね。すぐまた会えるもんね。と口では言ったが
彼女のその言葉は不器用な彼女の思いやりのように思え、
私の胸に温かくドンッときて、鼻の奥へ突き上がり、涙腺を刺激した。
また彼女の力になれなかった自分に対する無力に苛立ち、情ない気持ちになった。
自分がもっと彼女を思いやってたら、大切にしていたら
彼女は東京を去らなかったかもしれない。
自分は彼女に何もできなかった!

だめだ!ごめん!涙が出そう! 泣いちゃうっ。

そう言って 私は組み合った指を解き
彼女を進むべき方向へ押しやり、自分の進むべき方向へ歩み始めた。
その瞬間 最後に見えた彼女の目にも、涙でうるんでいて今にも泣きそうに見えた。
だけど、私は涙でにじんだ目でその彼女の顔を確かめることもなく、
彼女に背を向けたまま一度も振り返らず、立ちどまらず 別れた。

なぜなら 
自分の目から涙がポロポロ止まらなかったから
もし振り返って彼女が泣いていると分かったり、立ちどまっていることを知ったら
私は彼女のところへ戻り、抱きしめて、別れのタイミングを失うことがわかっていたから
彼女の決心をこころよく見送らなくてはならない。
彼女の心と体の安定。幸せのために。

別れる直前、本当は、突き放すのではなく、抱きしめたいと思ってたよ。
振り返らず立ちどまらなかったのも 冷たい気持ちからではなかったんだよ。
きっと彼女は私の不器用なところを知ってるからわかってくれてると思うけど
自分の心の中と彼女との別れの思い出をここに記します。

今まで一緒にいてくれてありがとう。大好きだよ。
ちょっとだけ さようなら。ちょっとだけ遠くなるけど、
これからもよろしくね!
だから お互いどこにいても 元気で幸せでいようね。

書きながら思い出してまたちょっと泣いちゃったけど、
次はお互いの結婚式まで泣かないよ!笑

愛を込めて。
posted by ハッピーサルサ at 10:09| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涙なくして別れられない

12月22日 出会って2年半
まったく さっぱりサバサバしてる 
彼女と私 の過ごす東京最後の夜。


結局私は自分の部屋を片づけることができなかった。。。
もう重症だと思った。疲れてたせいならばいいけど。
今週何度も片づけようと家にいる時間をつくったが
毎度睡魔に襲われ、睡魔に負けてしまったのだ。。。。
アドバイスしてくれた友 すみません。私はダメ人間です。

彼女からのメールでハッとして目覚める。
会社の送別会帰りの彼女と22時頃麻布十番で会うことになった。

※別に東京からいなくなるだけで、
日本からいなくなるわけじゃないからね。
会う回数だってそんなに変わらないよ。
しょっちゅう東京に遊びに来るし。

きっと泣き虫の私を泣かせないように
彼女は何度かこの言葉を私にかけてくれた。

食事をどうするかわからなかったので予約をしなかったが
なんとか入れるお店をみつけて彼女を軽くご馳走することができた。
自分の好きな雑貨やお気に入りの無添加石鹸や調味料などを
プレゼントした。

でも彼女の終電は0時すぎ。もうあまり時間がなかった。
別れの時間がせまっていた。
今日は遅くなっちゃったらタクシーで帰るよ。

朝まで一緒にいてもいいよ。
という言葉に彼女の顔が明るく輝き、それを見て私も喜んだ。
彼女の引越準備を邪魔しないかぎり別れをできるだけ先延ばしにしたかった。

1時を過ぎた頃、そういえば、彼女とお別れをしたい友達が
他にもいるかもしれない、と思いつく←遅すぎ!気がきかなくてごめんなさい。
なんだか 私にとっても突然で 部屋を片づけること以外考えられなかったの。

5時。お店の閉店時間までずっと話していた。
何気ない話。互いのコイバナ。仕事の話。家族の話。いつもの週末の夜と変わらない。
毎週末一緒にオールしてた頃のように懐かしい気持ちになった。
特別な夜じゃないようにすることで 別れの寂しさや悲しさを避けられた。

5時頃、近くにいた別の友達が合流し、
その友達の家までタクシーで1メーター。
女3人でまたひとしきり会話をして、夜があけてから眠りについた。
昼前に起きてお昼ご飯を食べてから 友達の家を出る。
また彼女と2人きりになる。彼女の母親が上京して荷造りを完了させる。
いよいよ お別れの時だ。

T字路のつきあたり 彼女は田町駅のある右へ。私は自宅のある左へ。
駅まで送ろうかと思ったけど 気持ちにきりがなくなることはわかっていた。

岐路についてしまった。言葉が出ない。
こういう大切な人に大切な時に言葉が出てこない。

なんて言葉をかけたのか 正確に思い出せない。
私と彼女の右手をがっちり組み合わせていざ別れん、という時
また彼女が※の言葉を繰り返した。
それは私の寂しさや悲しみを和らげるための言葉。
1月にも彼女は上京するのだ。

うん。そうだね。すぐまた会えるもんね。と口では言いながら
彼女のその言葉は不器用な彼女の思いやりのように思えて
温かく私の胸にドンッときて涙腺、鼻の奥を刺激し、涙がこみ上げてきた。
そして力になれなかった自分の無力感と情けなさと苛立ちもあった。
自分がもっと彼女を思いやってたら 東京にいれたかもしれない。
自分は彼女に何もできなかった!

だめだ!ごめん!涙が出そう! 泣いちゃうっ。

そう言って 組み合った指を解いて彼女を進むべき方向へ押しやり離れた。
自分は自分の進むべき方向へ歩み始めた。
その一瞬 涙でにじんだ目で最後に見た彼女の目にも涙がにじんでいるようだった。
だけど、私は彼女の顔を確かめることもなく、一度も振り返らず立ちどまらなかった。

なぜなら 
自分の目から涙がポロポロ止まらなかったから
そして もし振り返って彼女が泣いていたり、立ちどまっていることを知ってしまったら
私は彼女のところへ戻り、別れのタイミングを失うことがわかっていたから
彼女の決心をこころよく見送らなくてはならない。
彼女の心と体の安定。幸せのために。

本当は最後突き放すようにではなく、抱きしめたいと思ったよ。
振り返らず立ちどまらなかったのも 冷たい気持ちからではなかったんだよ。
きっと彼女は私の不器用なところを知ってるからわかってくれてると思うけど
自分の心の中と彼女との別れの思い出をここに記します。
また思い出し泣きしちゃいました 笑

今まで一緒にいてくれてありがとう。大好きだよ。
ちょっとだけ さようなら。ちょっとだけ遠くなるけど、
これからもよろしくね!
だから お互いどこにいても 元気で幸せでいようね。
posted by ハッピーサルサ at 01:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

死ぬ気で今週頑張ること

死ぬ気で今週頑張ることができました。

それは部屋の片付け。
ADDの診断結果が出ていないから、
薬を出して貰えないので自信がないけれど、
頭の中身同様、混沌としていろいろな情報(物)
が転がっている散らかった私の部屋。


これをなんとか今週金曜夜までに片付けたい!
理由は、金夜にどうしても部屋に招きたい人がいるからだ。


いえいえ 男じゃないっすよ。
ウチに来たいという男はいますが、全て保留。。。
もったいぶってるんじゃなくて、見せたら恋心を消失させてしまうからです。

今週末には東京を去って名古屋に帰ってしまう私のマブダチの一人です。
今月になって彼女が東京を去ることを決意したらしい。
ここ数ヶ月連絡がなかったし、私もバタバタしてて連絡していなかった。

寂しい。。。

これはもう私の宿命としかいいようがないくらい、
必ず仲良くなった人とは別れる。

自分が風の転校生だった小学生。数日・数ヶ月しかいない学校もあった。
中学になってから定住したら、今度は、親友になった友達2人が転校していった。

そんな、私は人と距離をおくようになっていたが、
それでも、やはり仲良くなった友達が、遠くへ行ってしまうのは寂しい。
週に何度も会ったり、24時間以上一緒にいたことも何度もあった。
誰にも会いたくなくて辛いときに、一緒にいてくれたりもした。
喧嘩みたいに意見が対立したこともあった。

その友達と東京で最後に会えるのは22日の夜。
レストランでご馳走しようと思っていたけれど、
新居の引越し掃除を手伝ってくれた彼女だが、
その後麻布十番祭りの時に一度来たきり、
よく近所で会うから、うちに来たいと言っても、
部屋が汚いからと断り続けていた。
ごめんね。を何度も言った。
一緒に片付けるよ、と言ってくれても、断り続けた。ごめん!

だから、最後の夜は、彼女を部屋に招きたい!
もちろん、状況の際には、必ずうちを利用してほしい!
そして名古屋にも遊びに行って彼女に会いに行きたい。

ということで、今週はできる限り、残業せず、
家に帰って部屋の片づけをする!!!
どうか、なんとか成し遂げられますように!!!


しかし当日の朝になり 睡眠不足とえらい疲労感はあるが
まったく部屋は片付いていない。。。
やはり私はダメ人間だorz
posted by ハッピーサルサ at 08:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

2006年最後の禁煙サルサ

土夜、毎年恒例になりつつある某団体のパーティー
22時前なのに寝ぼけて、胸の谷間が見えてもお構いなしに
胸こぼしたお茶を拭いていたらしい。無意識なので指摘されるまで全く気づかず。
(原因は仕事の緊張・睡眠不足・消化不良による疲労とバイオリズム)

日曜も予定3つ入っていましたが、1.5に変更。
昼の用事を済ませて帰宅したら、午後はウトウト。
気づくと夕方まで寝てしまっていました。

年内最後の禁サルはスタッフ不足だったので、手伝うつもりだったのに
最後にちょっと顔を出すだけになってしまいました。(寝起きのまま)
会いに行く約束をしていたミキティにも会えずorz

2006年最後の禁サル。踊る気ないのでローファーで行く。
残念ながら、会えなかった友達もいたけれど、多くの友達の顔がみれてよかった。
今年は数えるくらいしか参加できませんでしたが、
来年はサルサ優先度が下がったので、他の予定と調整しつつ、もうちょっと参加した
いと思っています。

特にお子様連れの2カップルに会えたことが嬉しかった。
彼らは、私の理想の夫婦でした(今はサルサ婚目指してないので過去形)
イケメン旦那様は、髪型&痩せたね、顔色や雰囲気がよくなったとお褒め頂き、
綺麗な奥様にも体調や仕事のことなど心配していただきました。
(彼らはSNSには参加していませんが外部ブログで近況を知っていたようです。)
禁サルで私に会えなかったから、てっちゃんに伝言して帰ろうと思っていたところに
間に合ってよかった!!

最後に会った時、奥様は臨月。
当事のお腹にいた子が、ちょうど最後に会った時のおねえちゃんくらいの大きさに
なって
走り回っていて、その成長の早さにびっくり!!
1年半もたっていたなんて!長い年月がたっていたんだな。
最後に会ったのは、ついちょっと前だったように記憶している自分にも驚き。

更に、数ヶ月ぶりに会ったマブダチが今年で東京を去って実家名古屋に帰ることを決
心したと
突然言い出したのです!えええええっ。

なので、急遽禁サル後は、彼女と色々話すためにジョナサン@麻布十番に行き、
彼女の終電ギリギリまで話してました。(サイゼリアよりジョナサンのメニューの方
が私の体にもいいので。)
最後になんとか会える時間を作ってもらって、きちんと送りたいな、と思っていま
す。
べたべたするような仲じゃないけど、自分がサルサで一番辛い時に心の支えになって
くれた彼女。

2006年のサルサに関する結論:
 サルサの音楽や踊り。サルサを心から楽しみ、笑顔で踊っている人を見るのは好き
だ!大好きだ!
 (それはわかっていたことだけど、その他のノイズとの折り合いが難しいのだ。)
 2007年からは人間関係は慎重に距離をおきつつ、中毒ではなく、趣味のひとつ
として丁寧に楽しみたいと思います。
posted by ハッピーサルサ at 00:18| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

2006年最後の禁煙サルサ

昨夜、毎年恒例になりつつある某団体のパーティー
22時前なのにねぼけて、胸の谷間が見えてもお構いなしに
胸元にこぼしたお茶を拭いていたらしい。無意識なので指摘されるまで全く気づかず。
(原因は仕事の緊張・睡眠不足・消化不良による疲労とバイオリズム)

今日も予定3つ入っていましたが、ランチデートは延期。
昼の用事を済ませて帰宅したら、午後はウトウト。
気づくと夕方まで寝てしまっていました。

年内最後の禁サルはスタッフ不足だったので、手伝おうと思ってたけど
最後にちょっと顔を出すだけになってしまいました。
ミキティに会いに行く約束もしていたし、
寝起きのままだったけど行ってよかった。

最後ということで普段来ていなかった人たちに会えました!
1年半ぶり&私の外観が変わってすぐわかってもらえなかったけど 笑

特に、お子様連れの2カップル。
ああ、私の理想の夫婦でした。
イケメン旦那様には、髪型&痩せたね、顔色や雰囲気がよくなった、
綺麗な奥様にも体調や仕事のことなど心配していただきました。
(彼らはSNSには参加していませんが外部ブログで近況を知っていたようです。)
私がいないから、てっちゃんに伝言して帰ろうと思っていたところだったとのこと。
間に合ってよかった!!

最後に会った時には、奥様のお腹の中にいた子がもう走り回っています!驚き!
上のお子さんと間違ってしまっていました。ちょうど最後に会った時のおねえちゃん
くらいの大きさになっていたのだ!
1年半というのはそういう長いものなんだな。
最後に会ったのは、ついちょっと前だったように記憶している自分にも驚き。

更に、私のマブダチが今年で東京を去って実家名古屋に帰ることを決心したと
数ヶ月ぶりに会うと突然言い出したのです。
なので、禁サル後は、久々に会った彼女と色々話すため
ジョナサン@麻布十番に行き、彼女の終電ギリギリまで話してました。
(サイゼリアよりジョナサンのメニューの方が私の体によかったので。)


2006年最後の禁サル。
残念ながら、会えなかった友達もいたけれど、多くの友達の顔がみれてよかった。
今年は数えるくらいしか参加できませんでしたが、来年はサルサ優先度が下がったの
で、他の予定と調整しつつ、もうちょっと参加したいと思っています。

ベルファーレと禁サルで踊っていただいた皆様、ありがとうございました。
(禁サルでは踊るつもりなかったのでローファーだったけど)

結論:サルサの音楽や踊り。サルサを心から楽しみ、笑顔で踊っている人を見るのは
好きだ!大好きだ!
 2007年からは人間関係は慎重に距離をおきつつ、中毒ではなく、趣味のひとつ
として楽しみたいと思います。
posted by ハッピーサルサ at 19:15| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ヒルズのクリスマス2

img099.jpgimg097.jpgimg096.jpg
posted by ハッピーサルサ at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。