2006年12月24日

涙なしで別れられません

12月22日 出会って2年半
まったく さっぱりサバサバしてる 
彼女と私 の過ごす東京最後の夜。

結局私は自分の部屋を片づけることができなかった。。。

疲れてたせいならばいいけど、、、今週何度も片づけようと家にいる時間をつくったが
毎度睡魔に襲われ、睡魔に負けてしまったのだ。。。。もう重症だと思った。
アドバイスしてくれた友 すみません。私はダメ人間です。

彼女からのメールでハッと目覚め、
会社の送別会帰りの彼女と22時頃麻布十番で会うことになった。

※別に東京からいなくなるだけで、
日本からいなくなるわけじゃないからね。
会う回数だってそんなに変わらないよ。
しょっちゅう東京に遊びに来るし。

きっと泣き虫の私を泣かせないように
彼女は何度かこの言葉を私にかけてくれた。

食事をどうするかわからなかったので予約をしなかったが
なんとか入れるお店をみつけて彼女を軽くご馳走することができた。
自分の好きな雑貨やお気に入りのロハスグッズをプレゼント。

彼女の終電は0時すぎ。もうあまり時間がなかった。
別れの時間がせまっていた。
今日は遅くなっちゃったらタクシーで帰るよ。と彼女。
朝まで一緒にいてもいいよ。
という私の言葉に彼女の顔が明るく輝き、それを見て私も喜んだ。
彼女の引越準備を邪魔しないかぎり別れをできるだけ先延ばしにしたかった。

1時を過ぎた頃、そういえば、彼女とお別れをしたい友達が
他にもいるかもしれない、と思いつきメール←遅すぎ!気がきかなくてごめんなさい。
なんだか 私にとっても突然で 部屋を片づけること以外考えられなかったの。

5時。お店の閉店時間までずっと話していた。
何気ない話。互いのコイバナ。仕事の話。家族の話。いつもの週末の夜と変わらない。
毎週末一緒にオールしてた頃のように懐かしい気持ちになった。
特別な夜じゃないようにすることで 別れの寂しさや悲しさを避けられた。

5時頃、メールを見て近くにいた別の友達が合流し、
その友達の家までタクシーで1メーター。
女3人でまたひとしきり会話をして、夜があけてから眠りについた。
昼前に起き昼食を食べてから 友達の家を出た。
また彼女と2人きり。

荷造りを完了させるため彼女の母親が上京するから いよいよ お別れしなきゃ。
T字路をつきあたると 彼女は田町駅のある右。私は自宅のある左。
駅まで送ろうかと思ったけど 気持ちにきりがなくなることはわかっていた。

岐路についてしまった。
いつもこういう大切な時に大切な人にはうまく言葉が出てこない。
なんて言葉をかけたのか 正確に思い出せない。

彼女の右手と自分の右手をがっちり組み合わせていざ別れん、という時
また彼女が※の言葉を繰り返した。
それは私の寂しさや悲しみを和らげるための言葉。
1月にも上京するんだし。

うん。そうだね。すぐまた会えるもんね。と口では言ったが
彼女のその言葉は不器用な彼女の思いやりのように思え、
私の胸に温かくドンッときて、鼻の奥へ突き上がり、涙腺を刺激した。
また彼女の力になれなかった自分に対する無力に苛立ち、情ない気持ちになった。
自分がもっと彼女を思いやってたら、大切にしていたら
彼女は東京を去らなかったかもしれない。
自分は彼女に何もできなかった!

だめだ!ごめん!涙が出そう! 泣いちゃうっ。

そう言って 私は組み合った指を解き
彼女を進むべき方向へ押しやり、自分の進むべき方向へ歩み始めた。
その瞬間 最後に見えた彼女の目にも、涙でうるんでいて今にも泣きそうに見えた。
だけど、私は涙でにじんだ目でその彼女の顔を確かめることもなく、
彼女に背を向けたまま一度も振り返らず、立ちどまらず 別れた。

なぜなら 
自分の目から涙がポロポロ止まらなかったから
もし振り返って彼女が泣いていると分かったり、立ちどまっていることを知ったら
私は彼女のところへ戻り、抱きしめて、別れのタイミングを失うことがわかっていたから
彼女の決心をこころよく見送らなくてはならない。
彼女の心と体の安定。幸せのために。

別れる直前、本当は、突き放すのではなく、抱きしめたいと思ってたよ。
振り返らず立ちどまらなかったのも 冷たい気持ちからではなかったんだよ。
きっと彼女は私の不器用なところを知ってるからわかってくれてると思うけど
自分の心の中と彼女との別れの思い出をここに記します。

今まで一緒にいてくれてありがとう。大好きだよ。
ちょっとだけ さようなら。ちょっとだけ遠くなるけど、
これからもよろしくね!
だから お互いどこにいても 元気で幸せでいようね。

書きながら思い出してまたちょっと泣いちゃったけど、
次はお互いの結婚式まで泣かないよ!笑

愛を込めて。
posted by ハッピーサルサ at 10:09| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涙なくして別れられない

12月22日 出会って2年半
まったく さっぱりサバサバしてる 
彼女と私 の過ごす東京最後の夜。


結局私は自分の部屋を片づけることができなかった。。。
もう重症だと思った。疲れてたせいならばいいけど。
今週何度も片づけようと家にいる時間をつくったが
毎度睡魔に襲われ、睡魔に負けてしまったのだ。。。。
アドバイスしてくれた友 すみません。私はダメ人間です。

彼女からのメールでハッとして目覚める。
会社の送別会帰りの彼女と22時頃麻布十番で会うことになった。

※別に東京からいなくなるだけで、
日本からいなくなるわけじゃないからね。
会う回数だってそんなに変わらないよ。
しょっちゅう東京に遊びに来るし。

きっと泣き虫の私を泣かせないように
彼女は何度かこの言葉を私にかけてくれた。

食事をどうするかわからなかったので予約をしなかったが
なんとか入れるお店をみつけて彼女を軽くご馳走することができた。
自分の好きな雑貨やお気に入りの無添加石鹸や調味料などを
プレゼントした。

でも彼女の終電は0時すぎ。もうあまり時間がなかった。
別れの時間がせまっていた。
今日は遅くなっちゃったらタクシーで帰るよ。

朝まで一緒にいてもいいよ。
という言葉に彼女の顔が明るく輝き、それを見て私も喜んだ。
彼女の引越準備を邪魔しないかぎり別れをできるだけ先延ばしにしたかった。

1時を過ぎた頃、そういえば、彼女とお別れをしたい友達が
他にもいるかもしれない、と思いつく←遅すぎ!気がきかなくてごめんなさい。
なんだか 私にとっても突然で 部屋を片づけること以外考えられなかったの。

5時。お店の閉店時間までずっと話していた。
何気ない話。互いのコイバナ。仕事の話。家族の話。いつもの週末の夜と変わらない。
毎週末一緒にオールしてた頃のように懐かしい気持ちになった。
特別な夜じゃないようにすることで 別れの寂しさや悲しさを避けられた。

5時頃、近くにいた別の友達が合流し、
その友達の家までタクシーで1メーター。
女3人でまたひとしきり会話をして、夜があけてから眠りについた。
昼前に起きてお昼ご飯を食べてから 友達の家を出る。
また彼女と2人きりになる。彼女の母親が上京して荷造りを完了させる。
いよいよ お別れの時だ。

T字路のつきあたり 彼女は田町駅のある右へ。私は自宅のある左へ。
駅まで送ろうかと思ったけど 気持ちにきりがなくなることはわかっていた。

岐路についてしまった。言葉が出ない。
こういう大切な人に大切な時に言葉が出てこない。

なんて言葉をかけたのか 正確に思い出せない。
私と彼女の右手をがっちり組み合わせていざ別れん、という時
また彼女が※の言葉を繰り返した。
それは私の寂しさや悲しみを和らげるための言葉。
1月にも彼女は上京するのだ。

うん。そうだね。すぐまた会えるもんね。と口では言いながら
彼女のその言葉は不器用な彼女の思いやりのように思えて
温かく私の胸にドンッときて涙腺、鼻の奥を刺激し、涙がこみ上げてきた。
そして力になれなかった自分の無力感と情けなさと苛立ちもあった。
自分がもっと彼女を思いやってたら 東京にいれたかもしれない。
自分は彼女に何もできなかった!

だめだ!ごめん!涙が出そう! 泣いちゃうっ。

そう言って 組み合った指を解いて彼女を進むべき方向へ押しやり離れた。
自分は自分の進むべき方向へ歩み始めた。
その一瞬 涙でにじんだ目で最後に見た彼女の目にも涙がにじんでいるようだった。
だけど、私は彼女の顔を確かめることもなく、一度も振り返らず立ちどまらなかった。

なぜなら 
自分の目から涙がポロポロ止まらなかったから
そして もし振り返って彼女が泣いていたり、立ちどまっていることを知ってしまったら
私は彼女のところへ戻り、別れのタイミングを失うことがわかっていたから
彼女の決心をこころよく見送らなくてはならない。
彼女の心と体の安定。幸せのために。

本当は最後突き放すようにではなく、抱きしめたいと思ったよ。
振り返らず立ちどまらなかったのも 冷たい気持ちからではなかったんだよ。
きっと彼女は私の不器用なところを知ってるからわかってくれてると思うけど
自分の心の中と彼女との別れの思い出をここに記します。
また思い出し泣きしちゃいました 笑

今まで一緒にいてくれてありがとう。大好きだよ。
ちょっとだけ さようなら。ちょっとだけ遠くなるけど、
これからもよろしくね!
だから お互いどこにいても 元気で幸せでいようね。
posted by ハッピーサルサ at 01:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピータイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。